みちともブログ

一部上場企業でシステムエンジニアとして情報社会の第一線で15年間働き、さらにその後17年間高校教師として教育現場の最前線で子供たちの教育にあたって、さまざまな経験を積みました。社会人経験者教員としての経験をもとに、みんなの暮らしや教育の課題・悩みを解決する方法を紹介します。

【ITパスポート試験】新シラバスに対応するための必須5問(第2回)

f:id:michitomo2019:20191110161159j:plain

 こんにちは、みちともです。 

 新シラバスになって追加になった用語の問題を紹介する「新シラバスに対応するための必須5問」の第2回目です。

問題1  ITパスポート 平成31年春期 問24

 刑法には,コンピュータや電磁的記録を対象としたIT関連の行為を規制する条項がある。次の不適切な行為のうち,不正指令電磁的記録に関する罪に抵触する可能性があるものはどれか。

 会社がライセンス購入したソフトウェアパッケージを,無断で個人所有のPCにインストールした。

 キャンペーンに応募した人の個人情報を,応募者に無断で他の目的に利用した。

 正当な理由なく,他人のコンピュータの誤動作を引き起こすウイルスを収集し,自宅のPCに保管した。

 他人のコンピュータにネットワーク経由でアクセスするためのIDとパスワードを,本人に無断で第三者に教えた。

 

 

 

正解・解説を表示する

正解 

解説

 著作権法違反です。よって、誤りです。 

 個人情報保護法に違反です。よって、誤りです。

 正解です。

 不正アクセス禁止法違反です。よって、誤りです。

 

 

 

問題2 応用情報技術者 平成29年春期午前 問39

 経済産業省とIPAが策定した"サイバーセキュリティ経営ガイドライン(Ver1.1)"の説明はどれか。

 企業がIT活用を推進していく中で,サイバー攻撃から企業を守る観点で経営者が認識すべき3原則と,情報セキュリティ対策を実施する上での責任者となる担当幹部に,経営者が指示すべき事項をまとめたもの

 経営者が,情報セキュリティについて方針を示し,マネジメントシステムの要求事項を満たすルールを定め,組織が保有する情報をCIAの観点から維持し,継続的に見直すためのプロセス及び管理策を体系的に規定したもの

 事業体のITに関する経営者の活動を大きくITガバナンス(統制)とITマネジメント(管理)に分割し,具体的な目標と工程として37のプロセスを定義したもの

 世界的規模で生じているサイバーセキュリティ上の脅威に関して,企業の経営者を支援する施策を総合的かつ効果的に推進するための国の責務を定めたもの

 

 

 

正解・解説を表示する

正解 

解説

 正解です。 

 ”情報セキュリティについて方針を示し”とあるので、情報セキュリティ方針についての説明です。

 ”ITガバナンス(統制)とITマネジメント(管理)”とあるので、組織のITガバナンスとITマネジメントの円滑な運用を可能にするための実践規範(フレームワーク/ガイドライン)であるCOBIT5についての説明です。

 ”サイバーセキュリティ上の脅威に関して,(中略)国の責務”とあるので、サイバーセキュリティ基本法についての説明です。 よって、誤りです。

 

 

 

問題3 応用情報技術者 平成30年春期午前 問80

  資金決済法で定められている仮想通貨の特徴はどれか。

 金融庁の登録を受けていなくても,外国の事業者であれば,法定通貨との交換は,日本国内において可能である。

 日本国内から外国へ国際送金をする場合には,各国の銀行を経由して送金しなければならない。

 日本国内の事業者が運営するオンラインゲームでだけ流通する通貨である。

 不特定の者に対する代金の支払に使用可能で,電子的に記録・移転でき,法定通貨やプリペイドカードではない財産的価値である。

 

 

 

正解・解説を表示する

正解 

解説

 法定通貨とは、日本なら日本銀行、つまり各国の中央銀行が発行し、管理している通貨です。

 仮想通貨交換業の登録が必要です。よって、誤りです。

 法定通貨ではないので、銀行は不要です。よって、誤りです。

 仮想通貨は、不特定多数間での決済手段です。よって、誤りです。

 正解です。

 

 

 

題4 応用情報技術者 平成28年秋期午前 問64

 リサイクル法に基づく規制に準拠した使用済PCの回収・再資源化に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 回収・再資源化の対象は,ディスプレイ以外のデスクトップPC,及びノートブックPC本体である。

 家庭から廃棄される際に,PCリサイクルマーク付きのPCは,メーカや輸入販売業者の責任で回収・再資源化する。

 家庭から廃棄される自作PC又は倒産したメーカ若しくは輸入販売業者のPCは,回収・再資源化の対象外である。

 企業から廃棄されるPCは,メーカによる回収・再資源化の対象外であり,企業によって産業廃棄物として処理される必要がある。

 

 

 

正解・解説を表示する

正解 

解説

広告などで、消費者に直接、製品やサービスの魅力を訴えます。これにより、購買意欲を刺激し、消費者が指名して買うようにする戦略です。

  対象は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ一体型パソコン、液晶ディスプレイ一体型パソコンディスプレイも対象です。よって、誤りです。

 「PCリサイクルマーク」が付いていればパソコンメーカーが無償で回収・リサイクル致します。よって、正しい。

 回収を行うメーカー等がないパソコン(含むディスプレイ)は、一般社団法人 パソコン3R推進協会が有償で回収致します。よって、誤りです。

 法人(企業、官公庁、自治体、学校、病院など)から廃棄される使用済パソコンは、メーカーがリサイクルします。よって、誤りです。

 

 

 

問題5 ITパスポート 平成24年秋期 問26

 マーケティングミックスの4Pの一つであるプロモーションの戦略には,プッシュ戦略とプル戦略がある。メーカの販売促進策のうち,プル戦略に該当するものはどれか。

 商品知識やセールストークに関する販売員教育の強化

 販売員を店頭へ派遣する応援販売の実施

 販売金額や販売量に応じて支払われる販売奨励金の増額

 販売店への客の誘導を図る広告宣伝の投入

 

 

 

正解・解説を表示する

正解 

解説

広告などで、消費者に直接、製品やサービスの魅力を訴えます。これにより、購買意欲を刺激し、消費者が指名して買うようにする戦略です。

 「販売員教育の強化」は、プッシュ戦略です。よって、誤りです。

 店頭で消費者に商品の魅力を訴える機会が増えるので、プル戦略です。よって、正解です。

 「販売奨励金の増額」により、販売店が積極的に販売するように仕向けるプッシュ戦略です。よって、誤りです。

 「販売店への客の誘導」なので、プッシュ戦略です。よって、誤りです。

 

 

 

 今回の問題は、以下の用語の問題でした。

 (番号は、「ストラテジ系追加用語62の学習ポイント」と共通です。

  ⑪不正指令電磁的記録に関する罪

  ⑫サイバーセキュリティ経営ガイドライン

  ⑭資金決済法

  ⑯リサイクル法

  ⑱プル戦略

 なお、下の「ストラテジ系追加用語62の学習ポイント」も一緒にご覧ください。

 以上、みちともでした。

www.michitomo2019.com

↓ ブログ村ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村