みちともブログ

一部上場企業でシステムエンジニアとして情報社会の第一線で15年間働き、さらにその後17年間高校教師として教育現場の最前線で子供たちの教育にあたって、さまざまな経験を積みました。社会人経験者教員としての経験をもとに、みんなの暮らしや教育の課題・悩みを解決する方法を紹介します。

新出用語への力がつく必須演習(第7回)

f:id:michitomo2019:20191114193739j:plain

 こんにちは、みちともです。 

 新出用語への力がつく必須演習(旧:新シラバスに対応するための必須5問)の第7回目です。

 ITパスポート試験の新出用語についての問題を、情報処理技術者試験のさまざまな試験区分から集めました。

 覚えた知識で実際に問題が解けるか試してみましょう。

問題1  応用情報技術者 平成30年春期 午前問30

 ビッグデータの基盤技術として利用されるNoSQLに分類されるデータベースはどれか。

  関係データモデルをオブジェクト指向データモデルに拡張し,操作の定義や型の継承関係の定義を可能としたデータベース

  経営者の意思決定を支援するために,ある主題に基づくデータを現在の情報とともに過去の情報も蓄積したデータベース

  様々な形式のデータを一つのキーに対応付けて管理するキーバリュー型データベース

  データ項目の名称や形式など,データそのものの特性を表すメタ情報を管理するデータベース

正解・解説を表示する 

正解 

  「オブジェクト指向データモデルに拡張し」とあるので、オブジェクト指向データべースの説明です。

  「経営者の意思決定を支援」、「ある主題に基づくデータを現在の情報とともに過去の情報も蓄積」とあるので、データウェアハウスの説明です。

  「キーバリュー型データベース」とあるので、NoSQLです。

  「メタ情報を管理するデータベース」とあるので、データディクショナリの説明です。

問題2 ITパスポート 平成31年春期 問73

 LTEよりも通信速度が高速なだけではなく,より多くの端末が接続でき,通信の遅延も少ないという特徴をもつ移動通信システムはどれか。

  ブロックチェーン

  MVNO

  8K

  5G

正解・解説を表示する

正解 

解説

 ブロックチェーンは、複数の取引記録をまとめたデータを順次作成するときに,そのデータに直前のデータのハッシュ値を埋め込むことによって,データを相互に関連付け,取引記録を矛盾なく改ざんすることを困難にすることで,データの信頼性を高める技術です。(ITパスポート令和元年秋期問59)

 MVNOは、仮想移動体通信事業者と言って、他の事業者の移動体通信網を借用して,自社ブランドで通信サービスを提供する事業者です。

 8Kは、水平(横)方向の画素数のことで、高精細なテレビの規格です。

 5Gは、「第五世代移動通信システム」の略称です。Gとは「Generation」の意味で、5Gは、5世代目ということです。

問題3  基本情報技術者 平成29年春期 午前問35

 OpenFlowを使ったSDN(Software-Defined Networking)の説明として,適切なものはどれか。

 RFIDを用いるIoT(Internet of Things)技術の一つであり,物流ネットワークを最適化するためのソフトウェアアーキテクチャ

 音楽や動画,オンラインゲームなどの様々なソフトウェアコンテンツをインターネット経由で効率的に配信するために開発された,ネットワーク上のサーバの最適配置手法

 データ転送と経路制御の機能を論理的に分離し,データ転送に特化したネットワーク機器とソフトウェアによる経路制御の組合せで実現するネットワーク技術

  データフロー図やアクティビティ図などを活用して,業務プロセスの問題点を発見し改善を行うための,業務分析と可視化ソフトウェアの技術

正解・解説を表示する

正解 

解説

 「RFIDを用いるIoT(Internet of Things)技術の一つ」、「物流ネットワークを最適化」とあるので、EPCglobalネットワークの説明です。

 「ソフトウェアコンテンツをインターネット経由で効率的に配信」、「サーバの最適配置手法」とあるので、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)の説明です。

 「データ転送に特化したネットワーク機器とソフトウェアによる経路制御の組合せで実現するネットワーク技術」とあるので、SDNの説明です。

 「業務プロセスの問題点を発見し改善を行うための,業務分析と可視化ソフトウェア」とあるので、プロセスマイニングの説明です。

問題4 ITパスポート 平成31年春期 問86

 IoT端末で用いられているLPWA(Low Power Wide Area)の特徴に関する次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

 LPWAの技術を使った無線通信は,無線LANと比べると,通信速度は  a  ,消費電力は  b  

f:id:michitomo2019:20191114193823j:plain

正解・解説を表示する

正解 

解説

 LPWA(Low Power Wide Area) は、なるべく消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式です。そのため、通信速度は遅くなっています。

問題5 応用情報技術者 平成29年秋期 午前問72

 IoTの技術として注目されている,エッジコンピューティングの説明として,適切なものはどれか。

 演算処理のリソースを端末の近傍に置くことによって,アプリケーション処理の低遅延化や通信トラフィックの最適化を行う。

 データの特徴を学習して,事象の認識や分類を行う。

 ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことによって,全体として処理能力が高いコンピュータシステムを作る。

 周りの環境から微小なエネルギーを収穫して,電力に変換する。

正解・解説を表示する

正解 

解説

 「演算処理のリソースを端末の近傍に置く」、「アプリケーション処理の低遅延化や通信トラフィックの最適化」とあるので、エッジコンピューティングの説明です。

 「データの特徴を学習して,事象の認識や分類を行う。」とあるので、機械学習についての説明です。

 「ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶ」、「全体として処理能力が高いコンピュータシステムを作る」とあるので、グリットコンピューティングについての説明です。

 「環境から微小なエネルギーを収穫して」とあるので、エネルギーハーべスティングについての説明です。

 今回の問題は、以下の用語の問題でした。

 (番号は、「最新ITパスポート試験/テクノロジ系追加用語60の学習ポイント」と共通です。

www.michitomo2019.com

  ⑨NoSQL

  ⑩5G、⑦4K/8K

  ⑪SDN(Software Defined Networking)

  ⑬LPWA(Low Power Wide Area)

  ⑭エッジコンピューティング

 以上、みちともでした。

↓ ブログ村ランキングに参加しています。応援お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村